黒部名水マラソン大会マーク

<公認フルマラソン>山・川・海を満喫できる北陸を代表する自然豊かなコース

カーター記念黒部名水マラソン

English

大会の歴史

アメリカ元大統領ジミー・カーター閣下と黒部市


子どもたちの歓迎にニッコリ。

 


号砲後、台から飛び下り、
ジョギングに参加するハプニング。


生地海岸で釣りを楽しむひとときも。

第一回を振り返って

 1984年5月22日、 YKK株式会社の創立50周年記念式典に出席の第39代アメリカ合衆国大統領ジミー・カーター閣下の来市を記念し、第1回ジョギング大会を宮野運動公園陸上競技場をスタート・ゴールに開催。
ジョギング愛好家のカーター閣下は、当初スターターだけの予定であったがスポーツシャツ・ショートパンツ姿でスタートの号砲を終えると突然参加者1,500名と一緒にジョギング。このハプニングに参加者は大変喜び、 沿道の市民や参加者から大きな拍手が沸き上がった。
走り終えたカーター閣下の爽やかな汗と笑顔、胸に輝く記念メダルが、一緒に快走した参加者並びに関係者には、忘れられない第1回大会となった。

毎年カーター閣下からメッセージが届いています。大会当日発表しています。

 

カーター記念黒部名水マラソン(旧ロードレース)のあゆみ

1984. 5.22
カーター閣下の来市を記念し、 第1回大会を開催。
1993. 5.23
参加者の幅広い要望と第10回大会を記念し、 日本陸連公認黒部名水マラソンコースにコースを変更し、 大会名を 「カーター記念黒部名水ロードレース」 に改める。
2000. 5.28
車いす (10km) の部を正式種目に採用。
2013.5.26
第30回記念大会開催。
2014.5.25
ハーフマラソンからフルマラソンへ。大会名を「カーター記念黒部名水マラソン」に改める。
2015.1.16
アメリカ・アトランタのカーターセンターを実行委員長 堀内康男市長が訪問し、ビデオメッセージをいただく。
2015.5.24
北陸新幹線開業記念大会。カーター閣下のビデオメッセージを披露。

カーター閣下と堀内市長

カーター閣下略歴

カーター閣下略歴
氏名: ジミー・カーター
生年月日: 1924年10月1日
出生地: ジョージア州プレインズ
職歴:
1947年
海軍士官学校卒業
1947~50年
海軍勤務
1953年~
父親の逝去に伴い帰郷し農場経営
1962~66年
ジョージア州議会議員
1971~74年
ジョージア州知事
1977~81年
第39代米国大統領
1984年5月21日
黒部市に来市
1984年5月22日
ジョギング大会に出場
1985年
世界メソジスト平和賞受賞
1986年10月1日
カーターセンター開設
2002年12月
ノーベル平和賞受賞

 


 

 

PAGE TOP